サプリメントで不眠を解消

材料となるトリプトファン

女性

不景気が続いている現在では、日々ストレスを抱えながら生活する人が増えてきています。そしてストレスがたまりすぎると、心だけでなく体にも問題が生じてくることがあります。そのひとつが不眠なのですが、この不眠の直接的な原因となっているのは、セロトニンという神経伝達物質です。ストレスによりこのセロトニンがうまく分泌されなくなると、寝ようとしてもなかなか寝つけなかったり、寝てもすぐに目が覚めてしまったりするのです。不眠に悩む人が増えるにつれて、セロトニンの分泌量を増やす効果のあるサプリメントを飲む人も、増えてきています。具体的には、セロトニンを作る材料となる、トリプトファンというアミノ酸のサプリメントです。睡眠薬や精神安定剤などの医薬品と異なり、副作用がないことから、需要の高まりが予想されています。

神経伝達物質の種類

神経伝達物質には、セロトニン以外にドーパミンやノルアドレナリンなどがあります。ドーパミンは喜びに深く関係している神経伝達物質で、これが多く分泌されていると喜びを感じやすくなり、その結果楽しむことを求めて積極性がアップします。ノルアドレナリンは、不安や焦りに関わる神経伝達物質で、多く分泌されていると不安感や緊張で気持ちが落ち着かなくなったり、イライラしやすくなったりします。そしてセロトニンには、これらの神経伝達物質が増えすぎないように抑える力があります。そのためセロトニンの分泌量が増えると、気持ちが穏やかになり、熟睡しやすくなるのです。また、快楽を求めすぎたりイライラしていたりすると、日常生活に支障をきたすことがあります。サプリメントでセロトニンの分泌量を増やせば、それを防ぐことも可能になるのです。